カテゴリ

月別アーカイブ

フリースペース

TOP

ある日、図書館で探していた本を見つけた僕は真っ先に手を伸ばしました、その時僕の手に誰かの手が重なったのです。ふと、その手の先を見てみると女性が一人・・・彼女が風俗嬢である事は、後々になって分かりました。

ウブなフリして潜入

デリヘルで久しぶりなんで、向こうにプレイを委ねました。初めてではないんだけど、話をスムーズに進めるために「デリヘル使うの、初めてなので○○さんにリードしてもらっていいでしょか?」と、ウブなフリをする。「任せてください!」笑顔で答えるデリヘル嬢....なんだかキュンときちゃいました。僕が小学生なら、今ごろ髪の毛を引っ張ってますよ。「では、まず一緒にシャワーを浴びませんか?」そう言いながら、同時に僕の服を脱がしてきます。前にデリヘルを利用したときは脱衣のアシストなんてなかったので、ちょっと緊張気味でした。ただ服を脱がされるって、結構エロいですね。体を洗ってもらった後、次はベッドに寝てください♪と、仰向けになるよう指示されます。ここからが本番です。まずは全身リップから始まり、続いて手コキ、フェラと続きました。フェラも気持ちいいけど、もちっと全身リップを続けてほしかったです。最後は素股でイッちゃいました。素股があんなに気持ちいいとは・・・。

嘘の宣伝

デリヘル店のトップページに掲載されている女性というのは、お店の顔ともなりますので、当然ながら可愛い女性を掲載しています。実際にその女性を指名できるかは分かりませんでしたが、以前そのトップに載っていた女性を指名することができたときがあり、楽しみに待っていました。すると、やってきた女性は全然違う女性だったのです。すぐに女性に確認したら、別人だというのです。軽く女性に説明しましたが、女性は言われて来ただけなので、すぐにお店に連絡しました。すると、すぐに本人を送るといって謝罪してきたので新たに待つことにしたのです。しかし、それからして来た女性も全然指名した女性ではなくて、どうなっているのか再びスタッフに電話です。散々待たされたこともあり、かなりの勢いで文句を言うと、スタッフから衝撃の事実が。実は宣伝用に掲載しているだけの女性らしく、そのお店の女の子ではなかったのです。その後もスタッフはなんか説明していましたが、話にならなかったので、それで電話を切って利用をやめました。

当たりだった

友達とデリヘルを探しに遠征しに行ってきました。正確には探すのはネットでできるため、利用してきました。その日は友達と飲みに行き、そのまま私は友達の家に泊まることにしました。部屋に行ってからは友達とネットでデリヘルを色々と見ていて、二人共良さそうだと思ったデリヘルに、次の日に行くことにしたのです。どちらも土日で休みだったので、次の日は昼ぐらいに起きてデリヘルのある街へと向かいます。昨日の夜のうちに出勤情報を見て指名する子を選んでいたので、出発前に連絡して予約を入れておきました。ホテルを見つけてそこに隣同士で部屋へ入っていざ待ちます。自分のも友達のも気になりましたが、どうやら私の方が早く来たらしく、ドアを開けます。写真よりも若干劣るかなと思いますが、若干ぐらいの違いだったので問題ありませんでした。可愛いことに変わりありませんでしたので、プレイを楽しみます。しかし、友達は残念な女性だったようで、帰りは友達だけテンションが低かったですね。