>  > 池袋の歓楽街の風俗店は縁の下の力持ち

池袋の歓楽街の風俗店は縁の下の力持ち

東京都豊島区にある池袋は風俗が好きな男性で知らない人はほとんどいない程メジャーな場所だと思われます。この池袋の歓楽街を初めて目の当たりにした人は恐らく風俗店の多さと街の大きさに驚くことでしょう。それよりも池袋駅の大きさに最初驚くかもしれません。ます通っている路線が非常に多いのです。他社線が2つあるところでも珍しいですが、池袋はJR東日本、東武鉄道、西武鉄道、東京メトロの4路線が通っており連日多くの人が行き交うビックタウンとなっています。4路線も通っているのも影響するのか、池袋の町並みは非常に栄えています。駅に直結している商業施設はもちろん、各降り口におおきな商業施設が建ち並んでおりお買い物客が多いことでも有名です。この池袋駅ですが、降り口によって街の特色がはっきり分かれているのも有名です。純粋にお買い物や池袋の街を楽しみたいのであれば東口や南口(メトロポリタン口)を利用することをお勧めします。この両降り口は比較的治安も良く、飲食店や遊ぶ場所が多い為訪れる観光客も多く、1日を通して楽しめる観光スポットです。逆に北口と西口は歓楽街に繋がる降り口ですので夜に栄えるお店が多く、キャバクラや風俗店が目立ちます。東南方面では健全に遊べるエリアで北西方面は風俗やナイトレジャーで遊べるエリアになっています。現代でこそ大都会と呼ばれる程に成長した池袋ですが、20世紀初頭では田畑が広がる長閑な田舎だったようです。現在の池袋からした信じられないと思います。風俗の「ふ」の字もなかったのです。池袋には村があったと言いますからますます信じられません。池袋の名前の由来のとおり、現在のメトロポリタン口付近に大きな池があったようです。既に完全に埋め立てられてしまっており、その面影は皆無ですが池袋の名前の由来はその池に有ったとされています。戦国時代からその名があったことから古くから存在していた池だったことがわかります。そんな長閑な池袋が発展したきっかけは鉄道の開通でした。昔の品川、赤羽の路線内に池袋はありませんでした。片田舎でしたので駅を作るほど見込みがなかったのです。
東京・池袋のイメクラ風俗店!制服ホテヘル【マリア女学館】

[ 2016-03-15 ]

カテゴリ: 風俗全般